赤ちゃんにパプリカはいつから?薄皮のむき方や冷凍保存法を紹介!

パプリカはいつから赤ちゃんに食べさせていい?アレルギーの心配はある?

ピーマンの仲間でもあるパプリカは、ピーマンよりも苦みがなくて甘みを感じることができ、食べやすく感じる野菜です。とくに赤いパプリカが甘みが強いです。

パプリカ葉栄養価が高く、ビタミンAやビタミンC、カルシウムや鉄分などが含まれています。ビタミンCだけについて言えば、緑のピーマンの2~3倍も多く含まれているそうですよ!

赤ちゃんにパプリカはいつから食べさせていい?

離乳食初期 離乳食中期 離乳食後期 離乳食完了期

パプリカは加熱しても少し固めです。離乳食では、後期頃から食べさせられるようになります。

パプリカの表面には薄皮がついているので、食べ始めのころは薄皮を取り除いてあげると、赤ちゃんもより食べやすくなります。

パプリカでアレルギーの心配は?

パプリカでアレルギーを起こすことはまれですが、アレルギーを起こす可能性はあります。

パプリカを食べてアレルギーをおこした時によくみられる症状は、口腔アレルギーです。食べた後15分以内に、唇が腫れたり、のどが痒くなったり、パプリカが触れた部分に症状がでます。

また、皮膚にじんましんが出たり、目や鼻にかゆみが出る、吐き気や下痢を起こすこともあります。

アレルギーだと思われる症状が出た場合には、すぐにかかりつけの小児科医の診察を受けるようにしましょう。

離乳食でのパプリカの下ごしらえと冷凍方法

パプリカの下ごしらえ

① パプリカを縦に半分に切り、白いワタと種をしっかり取り除く
② 熱湯を準備し、パプリカを入れて2~3分ゆでる。
③ すぐに冷水につける。
④ パプリカのお尻の部分(ヘタの反対側)から薄皮をむいたら、離乳食の時期に応じた大きさに刻む。

ポイント!

パプリカの表面の薄皮は、しばらくの間は取り除いてあげると赤ちゃんも食べやすいです。上手にカミカミができるようになったら、薄皮がついたままでもOKです!

離乳食のパプリカは冷凍できる?

離乳食用に、パプリカは冷凍保存ができます。基本的には、下ごしらえが終わったものを冷凍保存するのがおすすめですが、パプリカは生のままでも冷凍ができます。

下ごしらえ通りに、種やヘタを取り、薄皮をむいたら、離乳食の時期に応じた大きさにきざんで、1食分ごとに分けて製氷皿に入れて冷凍します。凍ったら、冷凍保存バックに移します。

または1食分ごとにラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍します。

生のまま保存する

パプリカを冷凍保存する場合、まるごとラップに包んで冷凍するのが一番おすすめ。使うときは、離乳食用に取り分けたら、大人分のお料理に使うなどの工夫が必要です。

その後、できれば金属トレーなどにのせて急速に冷凍するようにします。凍ったら保存袋などに入れて保存します。

また、冷凍したパプリカは、解凍後に薄皮を簡単にむくことができます!

離乳食用のパプリカの解凍方法

冷凍したパプリカの解凍方法です。

基本的に、離乳食用に冷凍保存した食材は必ず加熱してから食べさせるようにします。

冷凍したパプリカを耐熱皿に移し、電子レンジ(500W)で20~30秒加熱して解凍します。解凍後はしっかり加熱調理します。スープにしたり煮物にする場合は、凍ったまま調理してもOKです。

電子レンジの加熱時間は、量によって調整してください。解凍する量が少量なので、一気に解凍してしまうと焦げてしまいます。10秒ずつなど少しずつ解凍するとうまく解凍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です