離乳食にお餅はいつから?1歳になれば食べられる?

離乳食でお餅っていつから?そもそもお餅は赤ちゃんに食べさせていいの?何歳なら食べさせて大丈夫?

お餅を食べさせ始めるタイミングで悩むママはけっこういますね。

大人でも誤ってのどに詰まらせる可能性があるお餅は、慎重に与えるべき食材だと思います。ここでは、離乳食期のお餅について調べたことをご紹介したいと思います。

お餅はいつから食べられる?

離乳食初期 離乳食中期 離乳食後期 離乳食完了期

先に結論をいうと、離乳食期にお餅は食べさせないようにしましょう。

たとえ、離乳食がほとんど完了して大人の食事と近いものを食べていたとしても、まだまだ噛む力や飲みこむ力は弱いです。お餅をのどに詰まらせる危険がとても高いといえます。

お餅は子供がのどに詰まらせる食材で、常にトップ3に位置している食材です。これはどの時代でもほとんど変わることはないです。

小さくすれば赤ちゃんでもお餅は食べられる?

「しっかりと噛み砕いて飲みこむ」ということが、離乳食完了期でもまだまだ未熟です。お餅はのどに張り付いて詰まってしまうので、「しっかりと噛み砕いて飲みこむ」が未熟なうちは、小さくしてものどに張り付いてしまう危険性が大きいです。

また、食べ物の通り道である食道も狭いので、詰まりやすいともいえます。

お餅を小さくしても、噛む力と飲みこむ力が弱い赤ちゃんには与えないようにしましょう。

では、お餅を食べさせてもいいのは何歳から?

噛むこと、飲みこむことが上手になるには大体3歳くらい。歯も生えそろうのでしっかりと噛み砕くことができるようになります。

また、大人の言うことを理解できるようになるので、「お餅はのどに詰まるから少しずつね!」と声をかけながら食べさせられるようになります。

わが家でも、お餅は3歳過ぎてから。それもかなり慎重に食べさせ始めました。もう大きくなりましたが、それでもお餅などのどに詰まらせやすいものを食べるときには、必ず「よく噛んでね!」と声をかけるようにし、目も離しません。

お餅はおいしいですが、それくらい危険もあるので、慎重すぎる分にはいいかな?と思います。

ポイント!

お餅は、大人でも詰まらせやすい食材。赤ちゃんは噛む力や飲みこむ力もまだ未熟なので、お餅をのどに詰まらせる危険性は高いです。お餅を小さくしても危険は変わりません。お餅は3歳を過ぎたころから食べさせましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です