離乳食10倍がゆの作り方と冷凍保存(フリージング)方法

離乳食をスタートさせて赤ちゃんがまず最初に口にするのが、離乳食の基本ともいえる「おかゆ」

離乳食初期(5ヶ月~6ヶ月)は、まず10倍がゆからスタートします。10倍がゆと一言でいっても、炊飯器、お鍋、電子レンジなど、実は色々な作り方ができます。ここでは、色々な10倍がゆの作り方と、冷凍保存方法(フリージング)をご紹介します。

私のおすすめなのは、お鍋でお米からじっくりと炊くおかゆ!

お米から炊くおかゆは手間はかかりますが、お米の甘さをしっかりと感じるこができるので、ぜひ作り方を覚えて赤ちゃんに食べさせてあげてほしいなと思います。

離乳食が始まると、赤ちゃんにごはんを作ることが日課になります。”時間があるときにはお米からおかゆを炊く” ”時間がない時には冷凍保存やベビーフードを使う”など、ママの大きな負担にならないように自分に合ったやり方で作るようにしましょう。

ポイント!

離乳食の初めは小さじ1程度からのスタートです。おかゆを1食分だけ作るのは作りにくいし面倒なので、多めに作って小分けにして冷凍保存(フリージング)しておくと便利です。

【離乳食】10倍がゆの作り方

おかゆは1食分ごとに作るのは手間なので、数回分を作って冷凍保存(フリージング)をしておくと便利。

10倍がゆ約5回分

お米 大さじ2
水 300CC

作り方

①お米大さじ2をよく洗い、水に浸しておく(30分ほど)
②鍋に①のお米と水300CCを入れ、蓋をして中火にかける
③沸騰したら弱火にし、蓋をずらして30~40分コトコト炊く
④火を消したら蓋をして、30分くらい蒸らしてできあがり

10倍がゆのすりつぶし方、裏ごしの方法

離乳食のスタートは、10倍がゆをさらに粒がなくなるよう、すりつぶしたり裏ごしして滑らかにします。

10倍がゆの冷凍保存方法(フリージング)

製氷皿に1回分ごと入れて冷凍します。ふた付きの製氷皿が100円ショップでも売っています。離乳食専用の保存容器といった便利用品もあるので、ママの好みで選んでみてください♪

小さじ1ずつ計って製氷皿に入れていけば、必要な量がハッキリわかります。

しっかり凍ったら、冷凍保存パックへいれます。食材名と作った日付を忘れずに記入します。

ポイント!

冷凍した食材は1週間以内に使い切るようにしましょう!必ず加熱するのも忘れずに!

10倍がゆの解凍方法

冷凍した10倍がゆは、耐熱皿にのせてラップをかけたら電子レンジで加熱します。

解凍後にべたっとしている場合には、お湯で少しのばすと食べやすくなります。

初めのころは量が少ないので、すぐに解凍できてしまいます。加熱しすぎて高温になっていることもあるので、やけどには注意しましょう。レンジの中の様子を見ながら、少しずつ加熱していくようにするといいですね!

また、自然解凍や半解凍はNGです!!雑菌が繁殖してしまい食中毒の原因となってしまうので、必ずしっかりと加熱するようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です